Journal

J'écris mon journal.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マーボー豆腐

以前にも書いたのですが、例のセイロン人の店で川花椒と書かれたものが売られていたので、何に使うものかと聞いたら、わからないというので、調べてみました。
それを今になってやっと買いました。
日本では花椒というらしいです。マーボ-豆腐に入れるようです。
牛はあっても豚肉や鶏のミンチはフランスでは見つからないので、バイオの店で買った、大豆のプロテインという、肉もどきを使い、料理に挑戦しました。

豆腐もセイロンのお店で買いました。

アジアにいなくても、中華が作れるのです。

中華料理、最近食べていなかった。

ごはんは、鍋で、小学校のキャンプの時やったやり方で、フランスで作っていますが、お焦げができるので炊飯器がないことはよしとしたい。

タイ製もち米、中国製らしき寿司用米と書かれている米、インド米を混ぜ、炊くと、おこわみたいな感覚の舌触りのごはんができます。

その他、ジャガイモが沢山あったので、薄切りのジャガイモのチ-ズ焼きも作りました。

今回はパルメザンを使いました。

この料理、普段はモッツァレラやエメンタールでやることが多いです。

白菜ときくらげもセイロン人の店にあったので、野菜炒めも。そこにも花椒を入れてみました。

この食材は、身体にとてもいいらしいです。

マ-ボ豆腐はまりました。動画で作り方を見つけたので、このやり方も試してみたいです。

この人の作り方では、枝豆、カシューナッツ、酒も入れるようです。凄い。

スポンサーサイト

PageTop

スリランカのレンズマメカレー

スリランカのカレーは、ココナッツミルクを入れるのが特徴です。
レンズ豆のカレーのレシピを見つけました。

早速作りましたが、そんなに辛くなかったです。

スリランカ(セイロン)と日本、実はとてもつながりがあります。敗戦により、日本が、4つに分かれさせられようとしていた危機から救ってくれたのが、スリランカ大統領でした。彼のスピ-チのおかげで日本は、今の日本でいられたわけです。


PageTop

復活祭

カトリックの復活祭です。
キリストが復活した日です。

卵型のピ-ナッツチョコを手に入れました。
2018-04-01 16.06.59


その後のロシア オ-トドックスのお祝いのための卵のデコレーションもあります。
2018-04-01 16.07.25

大好きな彼は、わたしのことを、日本語で先生とか先輩とか呼びます。W

戦場のピアニストに出てきた曲で、ショパンバラ-ド1番、華麗なるポロネーズが心に残っているので、さらっていますが、いい曲だ。

PageTop

サルコジ、とうとう逮捕されるか

ハンガリー系ユダヤ人の父を持つサルコジは、いろいろ噂があり、イルミナティメンバーかともいわれてきました。ついに、3日前から拘束されてしまいましたね。
妻となったブルーニも、元ミック ジャガーの彼女だったし。結構イルミではないかと言われていましたね。

今後フランスのこういった賄賂、厳しくなっていくことでしょう。

トランプ、マクロンなど、取締の厳格な政権下においては、これからも、他に出てくると思います。

なんか、凄いユーチューバ-を見つけてしまったので貼ります。ロックフェラーがなくなり、それと対するロスチャイルドが出てきたという感じですかね。


PageTop

スリランカ人の店で米粉を発見

灯台下暗し、とはよく言ったもので、忙しい時、無理にパリに行かなくても、一歩先のところに米粉があったということに気づきました。

うちの近くのスリランカ人の店には、南アジア系、東南アジア系、中国系、インド洋の南アフリカ系の食材が置かれているのですが、偶然米粉があるのを見つけました。今までもあったのだろうけれど、気にしていなかったので、注意してみるとあるものですね。

バイオの店ではなかった米粉、糯米の粉、2種類があり、各1ユウロちょっとという安さ。バイオの店では玄米の米粉しかなかったし、それも高価でしたし、他のス-パ-で米粉を発見してもやはり、高価でした。最近では、グルテンを避ける人がいるので、米粉でパンを焼くのが流行っていて、ス-パ-でも、米粉が売られるようになったようです。

スリランカ人のお店は、入りにくいのか、なぜか、アフリカ人ぐらいしか入らないのに、私はそこに日清ラ-麺があるのと、インドでしかないインド製のフロマージュ入りのレトルトカレーが気に入っていて、それでよく行きます。猫の砂も安い。


例の彼がまだパリの京子に行けなかったため、この糯米粉を買ってあげました。

"一ユウロちょっとという値段、安くない?"、
と聞くと
びっくりしていました。
"ピュタン!" と叫んでいました。

欲しかったものが、こうも簡単に目と鼻の先にあったとは。

"安かったので、このお使い、ただでいいからね!"というと、

"だめだめ"と言って、お札を渡してきたので、お釣りを探していると、お釣りはいらないというのです。

"それじゃあ、今度京子に行けたら、何かお菓子を買ってあげるね!"と言いました。

彼は"あなたのために、特別に大福作るからね"、と、張り切っていました。

というか、話の発端は、彼の同僚の人たちに作りたいってことだったのですけどね。

何か嬉しいではありませんか。
例えば、もし、日本に住んでいたとして、わざわざパン オ ショコラを私が作って誰かにプレゼントするなど、ありえません。

だから期待でいっぱいです。

話変わり、先日の夢の森の中のキャンプですが、偶然、森の中のキャンプの広告をもらいました。夢で見た田舎小屋にそっくりなものや同じような景色の写真が写った広告で、これはアングレーム地方のものです。

まさか、行かないけれど、夢で見たものが出てくるという、こういう偶然もあるものなのですね。

何か楽しい気持ちになりました。

2018-03-18 11.57.47

2018-03-18 11.59.12

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。