Journal

J'écris mon journal.

パリ市庁舎の恋人

この写真家は、偶然カフェで出あった2人の恋人に頼んで、パリ市庁舎前で、かの有名作品となる写真をとり、少額を支払いました。

恋人の一人は女優の卵みたいな人で、のちに、この写真は、著作権は自分にあると、裁判をおこしました。

当時もう、別れていた女優の彼のほうも、裁判を起こしました。途中で元恋人男性のほうはあきらめ、女優のほうは訴訟を続け、どうなるかと思っていたら、

結局、写真家に著作権があるということになったようです。

この作品は、パリに初めて来たとき、シャトレの絵葉書、ポスタ-店で、よく見かけましたね。



ところが、、、、

先週の日曜日、なぜか、うちの前に、大きいりっぱな額に入ったこのポスターが、写真が見えないように捨ててあり、裏っかわから見ると、ただの大きな額でしたが、額を探していたので、頂戴しようと思ったら、ひっくり返した時、びっくりしたわけです。

大きさは80×60㎝の大判で、額はけっこう重いです。

うちの前には、フィットネスジムやレストラン、近代的な事務所のビルなどがあるのですが、そういった事務所などで、模様替えなどの時、捨てるのでしょうか。捨てるというより、まあ、うちの前のポプラの木に、よかったらどうぞ、という感じでいろいろ立てかけてあることがあります。

私も、DVDやCD、本をここに捨てたりします。雨が多い時期にはひどいことになり、誰もとらないけれど。

ここ何日か、雨が多く、降ったり、晴れたりを繰り返すので、その都度天窓しめるのが面倒です。外出時に、傘を持って出る時に限って晴れて、持っていない日には大雨になったり、毎日どうしていいかわからない気候です。それも、傘はよく、バス、メトロ、ス-パ-のレジ、レストランなどで忘れてきてしまう。また買う羽目に。ゼウス嵐以来、今年は、雨風多いです。

洗濯物が出したり、入れたり、結局ずぶぬれになる。

家で干すと、壁がカビにやられるので、それはしたくないですしね。

2017-09-16 14.30.39

ヨガを毎日していたら、ここ2日間しない日があり、しないと、がくっと体調が悪くなるのです。
鋤のポ-ズと肩立ちのポ-ズが今日は痛くてできない。
毎日していたことを2日もしないと、体を壊すって、生活リズムは大切ですね。
腹筋も毎日しないと、調子が悪いです。ヨガと腹筋運動は組で毎日やってきましたが、これは体にかなり良いらしいですよ。


スポンサーサイト

PageTop

ティファニ-で朝食を

生まれついての才能の持ち主ヘップバーン。
この映画に出てくる猫が可愛い。

PageTop

フライド・グリーン・トマト

フライド・グリーン・トマト

この映画は好きな映画の中の一つです。
フランスにも緑のトマトが市場に売られています。
でも、フライド トマトってそういう料理は聞きませんね。食べたことがないのです。
天ぷらでもトマトって、ないですよね。


PageTop

夢と現実

小さい時から、夢の中で、これは夢だなって気づくことができます。
そうすると、好きなところに行き、好きなことをします。空を飛んだり、大金を使ったり。

現実の世界と思われるここでは、これって、もしかして夢かなと思うこともありますが、勝手に好きなことをしたら、この世界ではやはり、まずいかな、と思いとどまりますね。

でも、この世も夢の一部だと思うのです。

夢の中で、だいたい行く場所は限られているのですが、同じ場所に戻るテクニックを身に着けました。

夢の中では、現実の中でまだ知り合っていない人もいれば、すでに亡くなっている人も、今この現実の中にいる人もいます。

夢を見ていて、怖いことに遭遇した時、これって夢だと分かれば、どうやって起きるのかは簡単。目をすごく強くつぶると、現実の世界に戻れます。

この現実の世界と言われる場所がもしも、夢のようなところで、本当にここから去りたいと思ったら、どうすればいいかも、夢の中で、神様から教えてもらいました。

でも、私はここに、ずっといたいし、しかも、その夢で出会った神様のところにもいたいと言ったら、神様は、いつでも戻ってこれるのだから、急ぐことはないので、現実の世界にいてもいいのだよと言いました。

この夢は凄く心地が良かったです。

菩提樹の下に神様と私がいて、気持ちがよかったので、そこから離れたくなかったけれど、現実では、いろいろまだやり残したことがあるので、帰ってきたという感じですね。

神様は、神様のところに一生戻りたければ、白い丸い光の玉を呼べば、その中に入って戻ってこれるといったので、また、そこに行けると確信しました。

でも、私はまだまだこの現実の世界が好きなので、白い光の玉を呼ばないですね。

今日は、こういう夢を去年の最後に見たという話でした。

まあ、ただの夢かもしれませんね。

PageTop

夢見る頃を過ぎても Unconditional Love

"Unconditional Love 夢見る頃を過ぎても"
奇想天外なコメディ映画。バリーマニロウも出てくる。
キャッシ- ベイツは、個性的で存在感ある女優ですね。
橋の分かれてしまう絶体絶命場面では、怖いというより、可笑しくて笑ってしまった。
とにかく音楽が楽しい。

PageTop