Journal

J'écris mon journal.

肉を食べない人の年末の食事は

ブラジル系のシシーさんは、ベジタリアンなので、アペリティフ、主菜、なども肉抜きです。
スポーツ系なので、お酒は飲まないのかと思ったら、ちゃんとテーブルに用意されています。
デ-ツにアマンドのパテが挟まったスイ-ツが、デザートのようです。

主菜は、パスタに豆乳クリーム、乾燥シャンピニオン、肉もどきのヴェジタブルのフィレミニヨンを使ったソースをかけただけの簡単メニュ-のみ。

早速うちでも模倣してみます。

彼女はかなりハイパーアクティブな人に見受けられますが、手作りスムージーや今はやりのプロテインやハ-ブ茶などに、そういった元が入っているのかと思うほどです。
肉を食べなくても元気な人っているのですね。


スポンサーサイト

PageTop

キャロブは記憶力にいい

昨日はロシアの旧暦正月の前前夜祭日でした。

ロシアでは、年中行事の中で、一番重要なのは、どちらかというと春の復活祭なので、復活祭のお菓子などは極有名ですが、クリスマスやお正月は特に、これ、という華やかなお菓子はないですね。アメリカやフランスほどケ-キケ-キって騒がない。
焼きピロシキは、すべてのお祭りの日にお決まりで出されますが。
スラブ系なり、ビザンチン系なり、味は抜群なのに半比例して、飾り付けが質素に見えるという、実質主義なのである気質がみられます。地中海諸国しかり。

話は変わり、フランスに来る前、日本の健康食品の本で、記憶に良い食べ物のところに、当時聞きなれないキャロブという豆の効用が出ていました。

今では健康食品店で、買うことができますが、あの頃、ヴェジタリアンなどの店はどこの国でもそれほど流行っていませんでしたね。
イギリスのロンドンでは、コベントガーデンあたりにすこぶる良い店があり、フランスからわざわざ薬草のお茶やミュ-ズリ-などを買い出しに出かけたものでした。

健康食においては、フランスよりイギリスのほうが先を行っていましたね。

この頃、バイオだのなんだの、騒がれているフランスですが、イギリスより30年遅れています。

私が正教関係でのバルカン諸国の多々の友人たちから、レシピを教えてもらっていた時代、フランス料理と比べて質素だけれど、一度食べたら病みつきになる味付けや、健康に良いことからも、目をつけていたのですが、やはり、ブルガリアなどの黒海沿いの長寿国の食事は、フランスではマイノリティであるにもかかわらず、見本にしたいです。

キャロブの話に戻り。

私はイタリアのお菓子、ティラミスにも、最後の仕上げのカカオの粉をのせる代わりに、キャロブの粉を散らせます。

また、しつこく夢のことですが、少しでも記憶力が良くなっていけば、夢も全部覚えていられるかと思って。夢の記録をつけようにも、毎朝起き上がる瞬間になぜかほぼ忘れてしまうのです。どうして、記憶が一瞬にしてなくなるのか、脳の仕組みって不思議ですね。覚えている夢もあるのですが、毎晩ではありません。とてもいい夢を見たという覚えがあるにもかかわらず、証拠がない。

だから、キャロブの粉で実験してみようと思います。


2016-12-30 00.09.19

それと、とうとう、昨日薔薇水をゲット。
薔薇水の効能は、すごいらしいです。若返りの水ってことですね。https://minnakenko.jp/barasui-kounou-tsukurikata/

ギリシャのクッキーのレシピに書かれていたので一瓶買ってきました。入れるのは小さじ一杯ぐらいですが。残りは化粧水にしようかと思います。傷口にも効くらしい。
髪の毛につければ毛が多くなるようです。

地中海の美容法なのですが、薔薇って聞いただけでも浪漫チックですね。

2017-01-14 12.05.24



PageTop

可愛いハリネズミ

フランスのレシピを書きたいと思います。
2015-11-10 22.42.54

これ、可愛いでしょう。子供さんと一緒に作るといいですね。
アヴォカド、トマト、松の実、黒オリ-ヴが主な材料です。

ハリネズミといえば、1985年ドイツ、ハノ-ファーにいたころ、ハリネズミにちなんだ可愛いお菓子や料理がどっさりありました。ドイツ人はハリネズミが好きですね。童話にもよく出てきます

日本でハリネズミを飼いたいと思っている人がいるらしいですが、本物はやめて、ぬいぐるみぐらいにしておいた方がいいようです。http://matome.naver.jp/odai/2138438917248154301
私のゴッドマザーがドイツ ハンガリー ロシア系セルビア人なので、セルビアの料理やお菓子のレシピなども、そのうち書きたいです。彼女はピエール カルダンのモデルをしていました。それで、サイズが今では違ってしまったので、身長が同じな私に過去のお洋服を下さるのです。

夜の11時で、今から家の裏の駐車場にいる6匹の捨て猫たちに餌をやりに行きますので、レシピは後ほど。野良猫たちは数年前から引っ越しして行く近所の人たちが駐車場に置き去りにしたのです。うちにはすでに11匹の血統書付き猫たちがいるため、捨てられた6匹に案外エイズなどの病気があるかもしれないし、混ぜることができないのです。ブリジット バルドウさんが知り合いなので、餌はパリ16区のパッシイまでいただきに行けるのです。本当にここ十数年お世話になってしまっています。

6匹の家のない猫たち、冬の間、絶対 里親が見つかるよう、頑張って里親探しを続けたいと思います。

追記
レシピですが、簡単すぎて、想像でできてしまうでしょう。ドレッシングはレモン汁と オリーヴオイルです。
それでも、いつか書きます。

にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ
にほんブログ村

PageTop

ハートのパスタ

おとといの夜と昨日の夜はパリのレストランに招待されたので、家での食事ができませんでしたので、今日はハート型のパスタで久しぶりのお料理。地中海風サラダとサンドイッチのアペリティフも添えました。



2015-08-08 00.24.13

2015-08-08 00.26.32

2015-08-08 00.24.44

2015-08-08 00.30.35


2015-08-08 00.25.10

2015-08-08 00.25.54

2015-08-08 00.25.31

今夜は金曜日なのでクリスチャンは肉抜きです。

2015-08-08 00.37.44
2015-08-08 00.32.53
2015-08-08 00.29.52
2015-08-08 00.27.03
2015-08-08 00.27.35
2015-08-08 00.28.01

2015-08-08 00.38.58

こちらは お赤飯もどき。ポルトガル風に赤インゲンを使って。でも、もち米をスリランカ人の店で手に入れることに成功。
2015-08-11 12.38.48

2015-08-11 19.49.42
2015-08-11 19.39.56

ズッキーニとにんじんのギャレットはスペインオムレツみたいですね。
2015-08-11 19.48.19
2015-08-11 19.48.43
2015-08-09 12.16.57
2015-08-11 19.49.42

卵と乳製品は許可のヴェジタリアン料理って ざっとこんな感じですね。毎日だと飽きるかもしれません。ときどき、肉や魚は食べます。

PageTop

FALAFELS  Vegan

http://cook--with-love.blogspot.fr/2014/05/falafels-vegan-sans-gluten-sans-lactose.htmlファラフェルというヴェジタブルだけの料理を作ってみました。
ヒヨコ豆を使って小麦粉、バジル、卵、たまねぎなどを入れ、バーガー状にして、フライパンでいためるだけです。
2015-07-27 00.52.54
不思議と鶏のナゲットのような味がします。なぜだろう。?
ゴマだれを付けるのらしいですが、作り方がわからないので、ゴマだれの変わりにゴマを振りました。
http://cook--with-love.blogspot.fr/2014/05/falafels-vegan-sans-gluten-sans-lactose.html

パリのロジエ通りにあるユダヤのサンドイッチ屋を真似て、ギリシャのパン、 ピタに揚げたナスと スライストマト、キャロットラッペをはさんでみました。2015-07-29 16.36.09

PageTop