Journal

J'écris mon journal.

トルコ語

トルコ語をフランス語のユウチュウブで学び始めていますが、結構、フランスの言葉と似たものがあるのですね。アルファベットの書き方が違うだけで。


2月ごろ、日本語ユウチュウブでトルコ語を学ぶ、というのも見ましたが、フランス語で学ぶほうが私には、簡単だということがわかりました。

日本の東京国際映画祭で賞をとったアラフ、天と地との狭間という映画に出演していた男優さんに、メッセージを送ったら、返事が来たので、親しみ深い感じで、優しい国民だなあと感激。
ちなみに、私のピアノの先生は、有名なトルコ人なのでした。

最近地震があり、皆さまのことを心配しています。

トルコも、日本と同様、地震の多い場所です。

先日大洪水がイスタンブールであったり、日本と似たような災害続きですね。

夏、暑い国というところも、親近感がわきます。

冬は雪が積り、これも、日本と同じ四季を感じさせます。

私は、トルコ料理が大好きなので、そして、アルメニア、シリア国境近くのヴァン湖の泳ぐトルコ猫が好きなので、トルコに早くいきたいですね。

ここ数年は、うちの老猫たちのケアや、市の家のない猫たちに食事を配ることをする、と約束したのもあり、なかなか旅行ができないのです。

トルコは将来の楽しみであります。将来の夢があるというのは、毎日の励みになりますね。

何か、楽しい将来の夢を持ちましょう。どんな小さな事であっても。いやなことも忘れられるのです。
朝起きるのも楽しくなる。

この頃の夏の楽しみは、暑いこともあり、いろいろな知らなかったソフトドリンク発見すること。昨日は、セブンアップゼロという、ライムとレモンの混ざった砂糖の入っていない飲み物を見つけました。カクテル感がありますね。

シュワップスにも似たようなものがあります。

限定販売で、コカ・コーラでエッフェルタワ-のデザインのものも置いてありました。これもいいなあと思っています。すごく楽しい。

スポンサーサイト

PageTop

私のトルコのお守り

トルコの有名なナザール ボンジュー。(Nazar boncuğu)
アンカラに住んでいた生徒にプレゼントされたものをつけています。

邪視から守るという不思議なもの。
悪意のある目で嫉妬されることがなくなるため、トルコでは親が子供につけるそうです。

私の瞳は不思議と、へ-ぜるナッツ色の周りに青い輪があるのですね。
へ-ぜルナッツ色が時々光によってタイガーアイの色にもなるので皆に、見てみて、っていうのですが、皆は本当だ、面白い色だねって言うのです。お父さんが緑の目なので、そのせいかと思っています。
2017-05-23 22.48.542017-05-28 17.12.09




これよりもっと大きいのも、他のイスタンブール旅行に行った方からいただいたのですが、それはガラス製なので、落としたら割れてしまう、と思って家に置いてあります。というか、家の入口にかけてあります。
厄除けになるということです。

PageTop

プーマの春の運動靴

ネスリハンさんが広告塔になっているドイツのスポーツウエア プーマのピンクとか黄色のスウェードのシューズがかなり可愛い。
ネットで調べてみたら、フランスからも買えるようです。
http://www.laredoute.fr/ppdp/prod-506902872.aspx

506902872_0_PR_1_1200.jpg

17265401_377647445955437_3185771358785110016_n(1)_20170401080835fc6.jpg

17596579_281519995595164_4433673097320595456_n.jpg

506902871_0_PR_1_1200.jpg

懐かしいトルコドラマ第4話


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

PageTop

夏時間

夏時間になるのですが、今夜1時間、睡眠時間が減るのが嫌な気がします。

今日は、縁あって、昔ピアノを教えていたご家族のおうちに教えに行っていました。

ショパン通りのところを曲がった道なのですが、教えた曲もショパン。

それから、ラグタイムも少し。

今では、クラシック以外の曲も混ぜています。

その後、また、例のチュニジア人パン屋さんのところをサントノーレを求めに再度訪れたのですが、売り切れていましたので、尼さんという名のお菓子のカフェ味の方と、果物のタルトレットを選びました。
2017-03-25 17.29.59


生徒さん宅でも、生徒手作りチョコラのカップケーキをいただきました。

幸せ。でも、明日はサ-キットトレーニングしないといけません。
ドラマの話です。スペイン語吹替版を見つけました。なぜか英語、フランス語のはないのですね。
スペイン語はフラメンコをしていた時少し学んでやめたので、今ではわからないので残念。懐かしいネルマンとマジットの物語。

PageTop

PUMAのコマ-シャルのネスリハン アタギュルさん

パンテーンに続いてネスリハンさんは、PUMAの広告に出るようになったのですね。
17333304_177660486073185_5901341333070544896_n.jpg

17126041_398401900538512_1015539502401191936_n.jpg

17265401_377647445955437_3185771358785110016_n.jpg

16908061_1638702309489898_4752053598429380608_n.jpg

16110509_1802443293327313_8770767549978640384_n.jpg

17125760_1264671040286008_8489446977342275584_n.jpg

17265401_377647445955437_3185771358785110016_n(1).jpg

先日ハ-ドなトレ-ニングをしていたら、筋肉が痛くて何日もの間、体がひきつったようになり、痛かったところに、家具を運び入れたら、そのあと、腰がとても痛くなってしまい、ブログが書けませんでした。

今日は体調がいいので、安心しています。

話戻り、ネスリハンさんのコスチュームいいですね。

東京国際映画祭で最優秀女優層をとって一躍フランスでも有名になった彼女ですが、今出ている最新ドラマより、やはり、その時の映画が新鮮でした。若い田舎ものの女の子が男に騙され、妊娠。病院のトイレで中絶する場面は国際的に物議を醸し出しました。赤ちゃんをトイレットペーパーに包んで窓から捨てる場面、目が当てられません。


その映画についての日本語の記事は、ここから見られます。http://2012.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=3

彼女の新しいドラマは現在進行形で50話ぐらいまで行っています。時々、英語字幕のヴィデオを見つけられますので、それを頼りにトルコ語を学んでいます。
この話では、都会の金持ちの役どころです。
相手役は前回のドラマのマジット役の方とは違いますよ。何かあまりピンときません。


マジット役でネスリハンさんと実際に結婚したカディールさんのインスタグラムを久しぶりに覗いてみたら、ドバイに仕事で行ったことが書いてあって、コメント欄が荒らされていたので、トルコとアラブ首長国連邦とは仲が悪いのかしらと思ってしまいました。
https://www.instagram.com/kadirdogulu/?hl=fr

neslihan-atagul-ile-kadir-dogulu-nun-7-kisilik-ailesini-tanistirdi_20170322090645c44.jpg


このところ、感じることは、以前にも増して、今年は国と国との悪い感情がひどく出ています。フランスなどは内戦が起こる前のユ-ゴスラビアという感じです。このようにして、凄い戦争になっていったのです。 

トルコとオランダ、ドイツの関係が悪くなっています。

ひやひやです。

トルコでは4月の実権型大統領の賛否を問う国民投票、フランスも大統領選がもうすぐ始まるところです。

どうなるのか。

マリン ルペンなどが私は気に入っていますが。

PageTop