Journal

J'écris mon journal.

ボルベール帰郷

今、ボルベール 帰郷のフランス語版を見終わったとことです。
スペイン映画は使われる色彩がはっきりしていて見ていて楽しい。家財道具がカラフルで、私好みです。
マドリッドには役者の友達がいたので6回行きましたが、町を歩いていると、どこの家からも、オリーヴオイルのにおいがしてきて、それは、忘れられません。それからというもの、うちではオリーヴオイルしか使っていません。揚げ物用でも。
マドリッドの夜中は、迷惑にならない程度のギターの音が窓の外から聞こえてきて、情緒があります。
みな夜遅く寝るので、そして、一日に5回ほど食事をするので、しまいにはおなかが張ってきてしまい、健康にいい所なのかは謎です。太陽が3月でも5月のように照っているので、精神的に明るくなれるのはよかったですが。

話戻り、俳優たちは、ハリウッドのような派手さ、わざとらしさはなく、素朴感があり、自然で、いいですね。

このDVDは欲しいです。

スポンサーサイト

PageTop

オリンピック受賞者のソワレ行ってきました

前向きになれるエネルギーをいただけました。とても輝いている3人、金を取った方2人、銀を取った方1人。
ヴィデオに取ったのですが、どうやってこのブログに付けるのかわかりません。

柔道の人と、ボクシング、そしてテコンドーの方。皆黒人系です。黒人は身体がしなやかですね。運動向きです。

柔道で金を取った方の隣に柔道で銀だった人も友情出演という形で来ていました。うちの市の方ではないのですが。

その人も黒人でした。

式典の後、レセプションあり、ポスターやフランス国旗、サイン入り写真などをプレゼントなどあり、楽しいソワレでした。

柔道で金だったエミリさんは、決勝の日の朝、落ち込んでいて、出たくなかったということを言っていました。表彰台に上がれる実力があることは自分でも知っていたけれど、金をとれるかもしれないということまで、考えていなかったので、その決勝前、何か、怖かったようです。それでも、試合で勝てて、自信がついたようです。東京を楽しみにしているそうです。エミリさん、見るからにいい人ですね。

ボクシングで金だったエステルさんは、婚約している彼も、金を取りました。カップルで金ってすごいですね。トニィ ヨカさんも、彼女と同じコンゴがオリジナル国なのですね。

凄い。としか言えません。

PageTop

愛と哀しみののボレロ

愛と哀しみのボレロの映画のヴィデオは見つかりませんでしたが、予告編のものはありました。
私はヴィデオカセットを持っているので、観たい時にはいつでも観られます。ただ時間がないのですよね。



les uns et les autres (lelouch) 1981 par fandor91

PageTop

今度はシラクさんの奥さんが入院

看病疲れで、マダム シラクが、同じ病院に入院してしまわれました。

以前、柔道家のドゥイエと一緒に病気の子供たちへの募金活動もフランス各地でしておられましたね。記憶にあります。模範的な女性です。

このように夫婦で同時に倒れることはよくあります。看病する側のほうがもっと重体になってしまうパターンが多い。

何とか、お二人とも頑張っていただきたいです。お祈りしています。

PageTop

ルルーシュ監督

今週中に、ルルーシュ監督にお会いできるかもしれないので、わくわくしています。
いろいろな映画を見てきて、愛と哀しみのボレロがよかったです。ロシアに関しては、本当のロシアという演出ではなく、ちょっといい加減なところが残念でしたが。長すぎる映画で、座っている時間、お尻が痛くなってしまった思い出もあります。
ああ無常という映画もやたら長かった。
しかし、彼の映画はいいですね。

PageTop