Journal

J'écris mon journal.

猫の死

19歳までは生きてほしかった、マルーシュカちゃんが朝、安楽死しました。

口の中にがんができてしまったのです。

舌の右下の歯茎が腫れてきたので、ずいぶん前から獣医に連れて行っていたのですが、がんだと発見されないまま、帰され。

それが1年半ぐらい前からで、何回獣医に行っても理由がわからなかったのです。

舌がまるで2つあるように、赤い腫瘍が出てきた時点で、おかしいと思い、今回見てもらったら、歯石をとって、抗生物質で治療して、それでもだめだったらがんかもしれないといわれました。

18歳と3か月で、麻酔することに、抵抗がありました。しかし、両性の腫瘍かも、と思い、歯石をとることに同意。
心臓が止まってしまう年寄り猫もいるようですが、うちの子は、麻酔から覚め、大丈夫でした。

それなのに、検査の結果悪性だと知りました。

モルヒネとコルチコイドを毎日投与するという、ほんのひと時の延命策を取り、エックス線や抗がん剤は、もう、年なので、できないので、あとは、腫瘍がドンドン大きくなって喉を圧迫してくるのを、見ているしかありませんでした。

そして、もう、限界のところまで来たので、今日の朝、決心しました。

こんなに性格の良い猫は稀でした。

ピアノを弾くといつも、隣に座ってきました。子供のころから。

もともとうちの猫が産んだ子なので、生まれる瞬間も見たという、本当に、長い付き合いでした。お母さんはロシア猫で、おばあさんはモスクワからやってきました。

昨日だけは、元気がもうなく、ピアノを弾いても椅子に座ってこないで、寝たきり状態だったのです。
ショパンエチュードの24曲が大好きで、さっと飛んでくる不思議な猫でしたね。

もう会えないなんて、考えられません。せめて、夢で逢いたいと思います。

数日前の3枚の写真
2016-10-31 20.33.57

2016-10-31 15.04.57

2016-10-31 13.54.07

スポンサーサイト



PageTop

プレゼント

私の家の一番年上の猫がガンにかかっていたことが発見され、それがちょうど10月1日。
一か月もたないということでしたが、まだ、うちで治療しています。明日が峠でしょうか。
ショックで心臓が毎日ドキドキしています。
苦しませないことが先決。

10月初めに来仏していたミュージッシャンのお友達からショコラを頂きました。ザ スクエアーの方と共演したこともある人なんですよ。
箱を開けてもいなかったぐらい忙しかったのですが、やっと開けて中を見ると、本当にシックです。

寒くなってきたのでチョコを毎日少しずついただくことにしました。
とても洗練された味です。

基本、ほとんどがブラックチョコなので、健康にいいですね。

メルシー・ ボ-クウ!

そういえば、今、サロン デュ ショコラいう国際展示場を ポルト ドゥ ヴェルサイユで開催しています。楠田枝里子さんが参加していらっしゃいます。

食欲の秋。

そして、もの悲しい秋。

2016-10-14 13.39.41


PageTop