Journal

J'écris mon journal.

イレーヌ ジャコブさん

個人的に知り合いでもある イレーヌ ジャコブさんの主演映画を、アルテ局で先ほど放映していました。
http://www.arte.tv/fr/videos/005105-000-A/la-double-vie-de-veronique


何度観ても、彼女の演技、表現力には まいってしまいます。







イレーヌさんは、"トリコロールの愛"3部作で、最終章の"赤の愛"に主演していますが、"青の愛"に抜擢されたのはジュリエット ビノーシュでした。この動画で"青の愛"の法廷場面で弁護士の通行人役でオランド大統領の恋人ジュリー ガイエが出ています。1瞬ですが。
監督は、赤の愛が賞を取ったあと、帰らぬ人となりました。


 イレーヌさんは、ハリウッドから、オファーがあり、ロバート レッドフォードの相手役に選ばれたのですが、断りました。その代役がデミ ムーアでした。幸福の条件という作品です。

スポンサーサイト



PageTop

ウシュアイア

フランスで有名なボディジェル、ウシュアイア。
サフィアさんが、そのコマ-シャルのため、日本、京都に行ってきました。
ウシュアイアというボディジェルはずっと前から、いろいろなエキゾチックな国の特産の植物を使って商品を作ってきました。
マダガスカルのバニラとか。使っていました。
今回は、日本の桜です。フランスの桜もあちこちにあり、有名ですが、このたび日本の桜ですね。
http://ushuaia-beaute.fr/

サフィアさんは日本で、洋服を買ってきたようですが、とてもかわいいです。
私は日本にいない身なので、ブランドがピンときませんが、有名なブランドなのでしょうね。




果物と豆腐とアボカドの大好きなサフィアさん。




試しに作ってみましたが、彼女の料理はシンプルで、癖になります。

大統領選挙ですが、やはり、マリン ルペンがいい線いっていますね。

PageTop

ジョルジアさんがアラビア風化粧に挑戦

これは、どうしたら、アラジンのジャスミンちゃんのような顔になれるかのヴィデオですが、かなり、塗りたくるのですね。笑ってしまいました。もともと彫の深い顔でも、ここまでお化粧するのがこちら風なのでしょう。暇なとき、家の中でなら、遊べるかも。


ジョルジアさんは、大学の法科を出て、動物愛護のために頑張っています。ロシア語を自宅で自己流で学んだり、ドイツやイギリス、スペインで言葉の勉強をしたり、現在ではダンスの仕事もしているようです。

最初は科学や数学の勉強をしていたところ、法律、語学に興味を持ち、その後、動物、ヨガ、ダンスに移行しているようですが、美人さんなので、ダンスなどの目立つ職業があっていたのでしょう。

私は時々、肉や魚も食べるのですが、彼女は完璧にビーガンになったそうです。

植物質だけで、生きていかれるのですね。子供を産むこともできるようですが、体には気を付けてほしいです。

将来、彼氏ともしもの時には、子供を養子としてもらうかもしれないなどとも言っていますが。

ところで、先日、パリのシャンゼリゼ通りで、テロがありましたね。
大統領選挙が今日からなのですが、その直前というのが、何か意味深いですね。

外人嫌いなルペン政権が、これから人気でそうです。今夜、開票待ち。

PageTop

ジョルジアさんの朝の過ごし方

ヴィデオブログというか、ヴログという言葉が流行っていますが、それで有名になったジョルジアさんは、アルメニアの血が流れているそうです。彼女の朝の過ごし方のヴィデオですが、素顔は、お化粧しているときとかなり違います。これで、ジャージ姿なら、そこらへんにいるただのオリエンタル系の女の子ですね。ということは、化粧って魔法でもありますね。


彼女は恋人と暮らしていますが、ダンス系の仕事なので、朝から働かないのか、ゆっくりとヨガなどしているようです。
毎朝カルト ドゥ デフィという、タロットではないけれどフランスではやっているカードを引いているそうです。

このカードは、フナックという本のデパートで買えます。朝起きるのがつらくても、楽しめそうですね。http://livre.fnac.com/a9595395/Lilou-Mace-Les-cartes-du-defi-des-100-jours?oref=00000000-0000-0000-0000-000000000000&Origin=SEA_GOOGLE_PLA_BOOKS&mckv=_dc&pcrid=64457384783&ectrans=1&gclid=CjwKEAjw_uvHBRDUkumF0tLFp3cSJACAIHMYpe-4J7pkWQq4LP7OJPQMEVNLwn2yQzcnGCWYqo0x0xoCelHw_wcB

PageTop

とうもろこしの島

東京映画祭で有名になった映画、とうもろこしの島。
http://2014.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=133
先日アルテ局で放映されました。
こういう鄙びた地域で作られる映画は、新鮮な感じがします。

アブハジアのおじいさんと孫が、グルジアの紛争から、ある島に逃げてきて、トウモロコシづくりをする話。島にやってきた日、おじいさんは、埋もれているライターとたばこを土の中から発見して、自分のものにしてしまいます。

最後、大雨で、小屋が倒され、島から小船で脱出を迫られる2人の運命は壮絶なものがあります。

その後、また新しい開拓者らしき人が、その島を訪れ、そこに前に住んでいた孫の人形が埋もれているのを発見して、自分のものにしてしまいます。そこで幕は閉じます。

この人も、ある日、嵐にあってしまうでしょう。60坪ぐらいの島なので、大雨になれば、埋もれてしまう。

この映画はほとんどセリフがありません。
292076.jpg

téléchargement


ここから見ることができますが、1週間ほどで、このサイトは見られなくなってしまいます。
http://www.arte.tv/guide/fr/057861-000-A/la-terre-ephemere



にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

PageTop