Journal

J'écris mon journal.

サン ロラン

アルテ局でサンロランの伝記映画を放映していました。作品自体はココ シャネルよりはよかったですが、
かなりの変人ですね。
このサイトから映画を見ることができますが、6日経つと消えてしまいます。
Saint Laurent
キャトリーヌ ドゥヌーヴが広告塔だったと思います。彼が亡くなった時、Paris Matchという雑誌の特集号を買ったのですが、どこかにしまい忘れたかして、まだ読んでいません。目が典型的ゲイですね。マクロンもゲイといううわさがありますが、ああいう独特な目つきをしているような。
アルマ橋の近くに住んでいた時、よく、前を通りがかりましたが、窓ガラスがいつも潔癖にきれいに磨かれていて、どうしたら、こんなにピカピカになるのかと、マニアックさに感心して見入ってしまいました。

スポンサーサイト



PageTop

カトリックとオードックスの聖母

1921年度の古いカトリックの日々の祈りの本をいただきました。お婆さんのものだったそうです。
カトリックの聖母は、イタリア人のような白人が描かれていることがほとんどですが、東方正教のイコンでは、肌が黄土色っぽいです。
ドイツで勉強していたころ、クラスのイタリア人が、休み時間に、まじめな顔で、日本のイエス キリストは、日本人の顔をしているのか。と聞くので、傍にいたクラスメイトのレバノン人を例にあげ、彼のような顔だと、答えました。納得していました。
本当に、日本のイエス キリストは、というか、一般的なキリストは、中東の顔ですよね。
イタリアのルネッサンスごろの絵画だと、天使なども、正教会のものと異なり、ピンク色の肌のものが主流なので、そのイタリア人は、日本では黄色人種の顔ののキリスト絵が普通にあるとおもったのでしょうか。この発想には、笑ってしまいました。

古い祈りの本
2017-05-30 18.16.11

カトリックの絵
2017-05-30 18.59.51

うちにある東方正教会のイコン 
2017-05-30 19.00.49

私は朝と夜毎日お祈りをするのですが、自己流です。伝わっていると信じて。

PageTop

Kara Sevda (Black Love)

ネスリハンさんの新しいドラマ、最初見たきり、ずっとご無沙汰していたけれど、もう、70話までいっているのです。いきなり、70話目を見てみましょう。
相変わらず、エネルギッシュなチームワーク。景色がきれいで、おいしそうなものがたくさん出てきます。
どうしても、食べ物が気になる。
存分に楽しませてくれます。ネスリハンさんがアジア顔なのでか、他に2人のアジア系女優さんが出ています。
今や、アジア顔がトルコでは流行中なのでしょう。
ドラマは毎回2時間半と、長い。惜しみなく与えてくれます。
俳優さんたちもスタッフも、大変ですね。








私はビザンチン系キリスト教徒なのでしませんが、ラマダン始まっていますね。この暑い日に水も飲まないとは、どういう自己コントロールなのか。祈りながら一日を過ごしているから、大丈夫なのですね。真夜中は食べ放題ってところが、また凄い。かなりの寝不足の一か月でしょう。

PageTop

ブリック生地を使ったお菓子

ブリックという生地20枚を使った、アマンド、はちみつ、薔薇水、シナモン、バタ-入り焼き菓子を作りました。
パスティーアと呼ぶ。

ギリシャ、トルコ、アラブ圏で有名ブリック生地は、日本にもあるのでしょうか。
バクラウアというナッツたっぷりのお菓子を作るときの生地です。
2017-05-29 20.54.40

PageTop

プーチン

顔が昔と変わったような。本物なのかな、プーチン。今、彼はフランス ヴェルサイユ宮殿に来ております。

そういえば、ずいぶん前、石原真理子さんが、プーチンさんがどこかで無事に生きていられることを祈りますって、書いていたような。まさか、シベリアか、南極送りになっていませんか。

PageTop