Journal

J'écris mon journal.

MIREILLE DARC

R.I.P.
Pour Mireille Darc.





スポンサーサイト

PageTop

道端に落ちていた本

16日の夜、ゴルフ場と駐車場のところの愛護協会の、いつも餌をやっている猫たちに食事をさせてから、買い物に行こうと、ピザ屋とカレー屋とクスクス屋の横の通りを歩いていたら、奇麗な家の前に、本とCDが捨ててあり、これは、読書をしろということかと思い、20冊の本、10枚のCDをもらってしまった。大雨だったので、通りに誰もいなくて、全部、持っていた買い物袋にいれて。雨の中に、本を捨てるなんて、、本が可愛そう。。。。

私も、服や小物、CDなど、このように家の前に、捨てることがあり、電化製品、台所用品のときには、すぐ、なくなる。

リセか何かの男の子のものと思われる、冒険もの、インディアンやカウボーイのデッサン本、カウボーイや馬のフィギュア、CDでは、アメリカのポップスがほとんどで、ジャズのものが1枚あった。きっと、9月から大学生になる人か何かで、部屋の模様替えとともに、子供時代のものを捨てたのかと想像。

私はなぜか、男の子の夢中になるような本が好き。ロマンチックな本より、冒険ものや、歴史もの、専門書がいい。

古代ローマのクオ ヴァディスもあり、これは、映画でも有名で、ちょうど読んでみたいと思っていたところ。

ジャズのは、ラウンドミッドナイトという映画のサウンドトラックで、モンク、ハンコック、パウエルなどのピアニストが演奏しているもので、これは、ラッキー。

本をサンミッシェルの本屋に売りに行ったことがあり、その店は、髙い値で買い取ってくれるのだけれど、よっぽどいい本しか買いとらないので、売れなかった人で、持ち帰るのが面倒なのか、よく、その店の前にたいしたことのない本がたくさん捨ててあった。

そこで、ドイツ語の料理本、イタリア語のピアノ教本、デッサン入門、など、専門書が気になり、もらったことがある。


古物市の最後に、ギリシャ哲学の本が何冊か捨てられていて、それも拝借してきたことがある。だから、これで、3回目。道で、ものを拾うってことは、普段しないのだけれど、例外ってことで。

2017-08-17 16.19.13

PageTop

今度はバルセロナでテロ

バルセロナでテロが起こりました。
http://www.lemonde.fr/europe/live/2017/08/17/en-direct-un-vehicule-fonce-sur-la-foule-a-barcelone-plusieurs-blesses_5173481_3214.html
少なくとも13人が亡くなり、50人以上の怪我人が出ています。

追記
その後のラジオ報道では、けが人100人以上と増えております。

PageTop

PIZZARIA CESENA

パリ近郊のピッツァリア チェセナで、14日、自動車BМWが突っ込み、13歳の女の子死亡、5人が重傷、他に、何人もの軽症者を出しました。薬を飲んでの自殺巻き込み行為だったらしいです。テロと関係あるかは、わかりません。
http://www.leparisien.fr/sept-sorts-77260/pizzeria-de-sept-sorts-j-ai-vu-le-visage-du-conducteur-il-souriait-16-08-2017-7196058.php

チェセナというイタリアの地には、友達がいるのですが、そことは関係なく、フランス PIZZARIA CESENAです。

最近、車で突っ込んで、他人を巻き込む事件があるので、どうしたことかと、困っています。15日は聖マリア昇天祭だったこともあり、フランスでの祭日を狙っての、このような事故が多いですので、下手に、外出をすると、巻き込まれてしまう恐れが、この数年あります。

家で手料理をふるまうなどの、あまり、外出のない祭日を過ごすのがよいのかと思います。かくいう私は、偶然手作りピザを作っていました。

PageTop

マクロン大統領がパパラッチを訴える

マルセイユでプライベートの敷地内で奥さんとバカンスを楽しんでいた大統領。パパラッチが写真を撮ろうと入ってきて、Harcèlement(アルセルモン)ハラスメントを働いたとして、警察に訴えました。
http://www.leparisien.fr/politique/macron-porte-plainte-contre-un-photographe-pour-harcelement-15-08-2017-7193877.php

こんなことばかりで、なかなか、北朝鮮問題のために、トランプを助ける余裕はなさそう。

PageTop