Journal

J'écris mon journal.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドイツの会社の出前一丁激辛ラーメン

出前一丁は、スリランカ人のお店で購入できます。
日本のライセンスを持っているドイツの会社と香港のと、2種類あり、ドイツのはハンガリー製です。
豚骨味、カレー味、激辛味などがあります。
日本ではとんこつ味はないようですね。
今日は白菜を売っていたのでそれも入れて、激辛を試しました。
病みつきになりそうです。
しかし、冬に白菜って、なくてはならないですね。
体にいいって感じがしませんか。

とんこつ味も、カレー味も、食べたことがあったのですが、何かのためにストックしました。

他に、韓国の極辛口ラ-麺というのや、タイのYUMY YUMYとかいうのもありました。
知らない会社の製品です。

日本の会社の名前でも、このように、ドイツや香港と書かれていますし、海苔、わかめは韓国製のものが置かれています。
売られているもので、シイタケや春雨、お茶は、中国製です。日本食に使えそうなもので、あとは、タイやヴィエトナム、ラオス、カンボジア、インド製ものですね。お味噌はなぜか、もう、売られていません。
日本製品は2011年からフランスで制限されているようです。
まだ、フランスでは放射能汚染を恐れているのでしょう。

ハンガリー工場の出前一丁
2018-02-24 23.42.16

香港製出前一丁は、色々な種類がありますが、ほとんど、どれも、五香粉の味なので、私は苦手です。アニスや、シナモンとかの味がラ-麺に入っているのは受け付けられないのです。アジアの人々は、五香粉とか、ナンプラーとかが手放せないようです。本当に好きなのですね。

私が、香港製で一つだけ食べられそうなのが、オレンジのパッケージの元祖のゴマ味です。これには、五香粉が入っていません。
今度、これを買ってみようと思います。

グルテンが入っている関係で、ラ-麺は、ずっと食べていませんでしたが、寒いし、たまには、いいですよね。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。