Journal

J'écris mon journal.

ご褒美

お誕生日が10月だったのですが、自分への1年のご褒美として、お菓子を買いに、その日の一日前に、モンマルトルのアベス駅まで行きました。
2018-11-27 15.10.16

うちからは、まったく反対の方角です。
楠田枝里子さんが、ずいぶん前にメイルで、教えてくださったジル マルシャルさんの可愛いお菓子とパンとチョコレートのブティックで、彼女のお薦め、オペラと、ピイカンナッツのブラック板チョコを、そしてお友達へのお土産にアルレット菓子のようなクッキーを。
2018-11-27 15.19.55


2018-11-27 15.09.35

どうしても気になったので、モンブランも求めました。
2018-11-27 15.08.39


楠田さんのチョコレートの奇跡という御本にも登場するジル マルシャルさんは、メゾン デュ ショコラで仕事をしていた方ですね。

売っている若いフランス人の男の人が、楠田さんの紹介でお店を知ったこと、私が日本人だと知ると、奥にいき、日本人女性を呼んでくださったのです。

若くて、かわいくて、しっかりしている感じの方。

ここで、お菓子を作っているのですか。と聞くと、

いえ、主人が作っています。

とおっしゃったので、

ジルさんの奥さんだと、ここでわかりました。

御本には書かれていませんでしたが、日本人の女性と結婚していたのですね。

名刺をくださりました。

お菓子は、自然の素材を生かした、上品な仕上がりで、キャラメリゼされたナッツは食べたことのないような風味で、チョコとマッチしています。

モンブランにはコアントロウでしょうか、洋酒の香りがします。

ショコラは日本でも買えるでしょうが、モンブランや、オペラのようなガトウは無理ですね。

フランスにいて、よかった。

2018-11-27 15.10.54


楠田さん、やっと、行って来ることができました。

メルシー ボウクウ!

2018-11-27 15.11.22

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する