Journal

J'écris mon journal.

生きていてよかった。DNAについて。

2月にアメリカのラボに送った遺伝子のサンプルの結果、昨日わかりました。

純日本人とフィンランド人少し。

生まれる前に他界していた祖母の写真がメリル ストリープとか、バ‐グマンに似ていたのです。でも、誰に聞いても、ル‐ツに関してはわからなかったです。
遺伝子テストはちょっと前まで家賃ぐらいの高さでしたが、今では50ユウロほどでできます。
時代が変わりました。
私の遺伝子には日本以外のアジアの国は混ざっていませんでした。
母方はお公家さんの出でした。家紋は揚羽蝶。
だから、外国人は混ざりにくい家柄で。

父のほうは、四国なのでこれまた、日本人以外のアジア人は時代的に入っていないと思います。
祖父の結婚したところの相手、桐生の私の祖母の血筋がフィンランドだったのですね。

遠いところから、ようこそって感じで、ロマンですね。

しかも、今、私の住んでいるところから近い国。サンタさんの国。ムウミンやシベリウスの国。
食べ物も、気になります。鮭やトナカイ料理が有名だということですが、わたしは、お菓子などが気になります。絶対訪ねたい。
歴史を知りたい。


私がフランスにきて、そういえば、フィンランドに一度もいっていなかったのです。デンマークやロシアにはいったのに。スウェーデンには友達がたくさんいるのに。

考えてみると随分と近いところまで、ご先祖様に導かれてか、戻ってきていたわけですね。

近々イタリアやトルコに行きたかったので、言葉の練習を始めていましたが、返上。
英語とか、を習ったほうがよさそうな気がします。

そうそう、パリのお友達でテレビのジャアナリストの方がアルメニアとフィンランドのハ‐フなのですが、今、偶然日本に飛んでいて、かえってきしだい、この話、してみよう。

一緒にヘルシンキに連れて行ってくださらないかしら、いつか。

去年、倒れて、コ‐マ状態になってしまって、生と死をさまよった私ですが、生きていてよかった。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する